2011年02月10日

願望と絶望の狭間で

とりあえず今のところはうまく動いているように見える我がアプリですが、まだ絶対罠がありそうで怖くて公開に進む気持ちになれません。
「想い出作り」でいいや、という気持ちもありますが、釈然としません。
今回結局レコードの特定でnullを使うのではなく、レコード作成時に必要なカラムはすべて空白を打ち込むという方法をとったのですが、やっぱりnullかどうか確認するのでも良かったのではないかとも思え、いやいや、現在実装していない、これから作る予定の項目移動機能にとってはやはりnullに戻すより空白かどうかの判定の方が楽だとも思ったり、千々乱れる思いです。
データ構造自体は変えていなくても、カラムの性質が変わると後々修復不可能なデータとなる可能性もある訳で、そうなると例によって手に負えなくなる可能性があります。

こういう判断ってずっとプログラムの勉強を続けていけばなんとかなるのでしょうか?
僕自身はそうは思えないのですよね。
勉強を始めるのが遅すぎたということを別にしても、ネット上で色々解説を書いてくださっているプログラマの方々の書いている内容が、勉強を続けただけで理解できるようになるとは、自分では思えない訳です。

そもそも市販の入門書に書かれている内容と実際に使い物になるプログラムの間に深い断層があるとしか思えません。
繰り返しになりますが、どう考えても今後自分がクラスライブラリを平然と読み下せるようになるとは思えませんし、より数学的なアルゴリズムを抜きにしたとしても、高度なプログラミングを理解することすら適わないのは確実です。
もう少しハードルを下げたとしても、ネット上の解説すら理解できるように思えないのではお先真っ暗です。

しかし、何故かとある理由でCreativeのZii○を買ってしまい、今ここにあるのですが、これでマイアプリを動かすと機能的に実にフィットしそうで非常に良い感じ。(横画面に対応していないので、実際はイマイチですが)
将来的に実現を夢見ている(た?)機能が伴えば、最高だと思えるのですが、(自分の能力の制限で)実現の可能性が低すぎて挫折せざるを得ないかと思うととても残念です。

こんな理想と現実、願望と絶望の狭間で悩みながら、基本的な機能が動作するようになったものをこんなところで反故にするのかと自問する毎日から抜け出したい今日この頃。
(うっ!さらにいつの間にかIllegalStateExceptionというのがログに出るようになっているのが発見されました。この障壁は抜けられなさそう……)


※Zii○のoを丸にしたのは当該機種のレビューを探している人の検索に引っかからないため。(理由は前回のエントリーの通り)
でもZii○、なかなか良いですよ。iPadにはまる人の気持ちが分かりました。
写真がなんか変な表示になったり、キャリブレーションしてもキーボードの打鍵ポイントなどがずれる(横画面でエンターが入らないっ!)とか、マルチタップが使えない、マーケット未対応(Android携帯に普通に入っているギャラリーとかYoutubeアプリが入っていないのはかなり辛いですが)なことなど差し引いても楽しいです。
自分専用として買った訳ではないのと、本当は「もうひと越え」と思ってましたが、これで2,4800円(ポイントを考えるとAmazonよりヨドバシの方が安い)なら結構良い買い物かも。
ポイントはHoneyComb対応のタブレットが出るまで貯金しておきましょう。(笑)

posted by 白虹 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Android開発