2011年02月21日

webViewをAlertDialogに表示成功

いや、成功と言うほど大げさなお話ではないと思いますが、以前「WebViewはDonutで使えない?」というエントリーで書いたHTMLファイルをAlertDialogに表示したいという件、なぜかあっさり成功してしまいました。

一時は断念して、通常のテキストで中黒(・)などを利用して簡易ヘルプを作っていたのですが、文の途中から行間が1行空いて表示されるようになってしまい(原因不明)、回復できませんでした。
そのため、HTMLファイルの表示に再挑戦したのですが、前回のことは忘れて(いつものごとく)テキトーに記憶で書いていたら、あっさり表示できてしまったのです。

ちなみに、コードを抜粋すると、

final WebView webView = new WebView(this);
webView.loadUrl("file:///android_asset/help.html");

return new AlertDialog.Builder(クラス名.this)
.setIcon(android.R.drawable.ic_menu_help)
.setTitle("簡易ヘルプ")
.setView(webView)
.setPositiveButton("OK", new DialogInterface.OnClickListener() {
public void onClick(DialogInterface dialog, int which) {
dialog.dismiss();
}
}).show();

ですが、前のことを忘れていたので(笑)、xmlファイルを作成せずにダイレクトにファイルを指定しています。
以前失敗したコードは

WebView webView = (WebView)findViewById(R.id.help);
webView.loadUrl("file:///android_asset/help.html");

です。

うーん。
例によって原理を分かっていないのですが、動いたからまあいいか(笑)。

posted by 白虹 at 23:06| Comment(1) | TrackBack(0) | Android開発

疲れている原因

完成が近づいたかと思うと、バグが発見され、修正して、テストをして、また完成直前かと思うとバグが発見されるという繰り返しが神経を萎えさせるというか疲弊する原因なのだなあ、と最近思います。(というか、このブログを読んでいる人もいい加減完成が近いという言葉は聞き飽きていると思いますし、我ながら狼少年のよう)
それというのも、きわめて保守性が悪いグチャグチャのコードを書いているからではないか?と自問します。
仮に完成するとして、完成品としてはほぼ処女作(コンパイルを行う本格的な?言語を使用したものにおいて)と言って良いものとしてはこんなものかも知れないとは思わないでもないですが、アプリの名前だけでも3〜4回、データベースの構造も5回以上、メニュー構成も3回くらい変えているくらいなので、それに伴う変更はものすごい数になる訳で、修正忘れも想像以上のものがあるはずなのです。
客観的に見てそんなに高機能でなくても、素人が初めて作るものにしては複雑過ぎたのでしょう。
才能がある人が創れば別でしょうけど、残念ながら才能(頭脳とセンス)が一番欠けていたようです。(笑)

そもそも動作チェックからしてかなり面倒なところがあるので、何度もやる気になれないのに、「バグ発見→修正→テスト→バグ発見・・・」の波が繰り返しやってくると、ホント疲れますし、テストするのが怖いです。
しかし、ここまで作って公開しないというのもやりきれないので、公開はすると思いますが、想い出作り(笑)に「永遠のベータバージョン」として公開するか、大量のバグレポート&低評価攻撃を受けて3日で取り下げか、どちらかになるのがオチでしょう。(苦笑)

posted by 白虹 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Android開発